墓じまいとについて知ろう

お盆やお彼岸などに、お墓参りに行くという方も多いですよね。実は近年お墓に対する考え方が変わってきており、墓を撤去したり移動する人が増えているんですよ。これは、墓じまいと呼ばれています。核家族や少子社会などの問題によって、お墓を継ぐ人が減少している事が原因だと言われています。地方に両親が住んでおり、子供たちが都会で生活する事が多い現代では、お墓を維持していくのがとても難しくなっています。また子供がいない家庭であれば、次いでくれる人がいないからと、そのまま放置するわけにはいかないですよね。墓じまいに関するサービスを提供している業者は増えているので、将来的に不安を感じているのであれば、相談してみると良いでしょう。

墓じまいの基本的な流れとは

現代では生活が変化しているため、お墓を守っていくのが難しくなっていますよね。それによって注目されているのが墓じまいです。これは、墓を撤去したり移動する事を意味しています。墓じまいは遺骨を引っ越しさせるため、埋蔵証明書などの行政手続きが必要になるんですよ。その後に遺骨を取り出して、お墓を撤去して更地にし、新しい納骨先に移動させるのが基本的な流れとなります。後継者のいない方の場合、新しい埋葬先として永代供養を選ぶ人が多くいます。墓じまいを行っている業者は増えているので、いくつかの業者に見積もりを依頼すれば、低価格で行ってくれる業者に依頼する事ができます。代々引き継がれてきたお墓がなくなるのは悲しい事ですが、時代の流れと共に変化してしまうのは仕方がない事でしょう。

墓じまいの費用では、さまざまな手続きにかなりお金がかかってしまうものです。さらに、離檀料がかかる場合もあるので確認が必要です。