墓じまいを行う目的について

墓じまいはお墓を撤去する行為を指します。お墓は故人の近親者が管理するのが一般的ですが、核家族化や高齢化などの要因で管理が難しくなる問題があります。また、お墓の管理費が嵩んで金銭面の負担が増大するのも墓じまいが選択される理由の一つです。墓じまいは墓石を撤去して該当する土地の使用権を放棄するのが通常の手順ですが、墓地を所有する自治体やお寺などによって詳細が異なるので注意が必要です。また、墓じまいを行ったことで不要になった墓石は故人の近親者が処分することになるので、予め専門業者に作業を依頼しておくことが重要になります。遺骨の管理については散骨や永代供養など、故人や近親者の希望に合わせて行うのが祖先を偲ぶ気持ちに繋がります。

墓じまいをスムーズに進めるための心得

墓じまいは墓石を取り除いて遺骨を別の場所に保管する行為です。そのため、墓地を管理する寺院などの施設によっては管理費が徴収出来なくなることを理由に、墓じまいを思いとどまらせようとすることがあります。また、墓石の処分を請け負う業者の中には高額な作業費を請求するケースもあるため、事前に正しい知識を持ったうえで毅然とした対応で臨むことを心がけます。故人を偲ぶ気持ちは近親者の心の問題なので、墓石の有無に拘らず、自身の気持ちを優先させるのが重要なポイントです。特に近親者の高齢化やお墓の管理費が生活を圧迫している場合は専門家に相談するのも有効な方法になります。

お墓は故人を偲ぶための重要な設備ですが、近親者の生活を圧迫させないことを優先して墓じまいの有無を判断することが大切です。

少子化が進んだことで、墓守をお願いする後継者がいないという問題も増えてきています。そのような場合は、お墓が荒れる前に墓じまいという選択肢もあります。