CADで製図効率、大幅アップ

CADを導入してみようか悩んでいる方、導入した方が、製図効率が2倍以上になります。製図という作業は、紙と鉛筆、ドラフター等を駆使してやられているのが一般的なのですが、この作業、実は、とても大変なんです。稜線を1本書き直すのも一苦労、組図で検討したら、干渉してしまい、結局、部品図からやり直しなんてこともよくあるのが製図の世界です。そんな製図を劇的に効率化させる方法として、CADが注目されるようになってきています。CADは、パソコン上で線を書くことも、消すことも、線の種類を変えることも、簡単に行えてしまうので、製図の効率が一気に高まります。その為、部品図1枚の作成時間においても現状の半分以下ですむことも多々あり、業務効率が高まるので、製品開発のスピードは劇的に高まります。

最近は、3次元CADが主流です

CADの最近の主流は、3次元CADです。3次元CADとは、その名の通り、3次元で立体的に製図できるというものです。製図は、2次元である平面で図面を書いて、頭の中で3次元化して、組図をつくるというのが一般的だったのですが、3次元CADを使う事で、そういった頭の中での作業も、パソコン上で簡単にできるようになってきています。3次元で書くことができることのメリットは、部品の干渉等を早く発見できることです。そのため、実際に制作してからの不具合がほとんどない図面が作成できるので、手直し等の作業やコストも必要なくなり、経費削減にも繋がります。

水道CADとは、上下水道工事に関する配管図面及び申請書類を、パソコンで設計することをいいます。また、人の手によって行われていた設計・申請書類等の作成を支援し効率を高める目的があります。