CDが付属されている教材で勉強!

近年はグローバルに展開している企業が珍しくありません。そのような中で日本企業に努めているとはいえビジネス英語を習得する必要が出てきています。ビジネス英語を学習するには適切な教材を使用することが最も効果的です。ここでは選ぶポイントを書いていきたいと思います。まず最も大切なことは音声CDがついていることです。ネイティブが英文を読み上げた音声がCDとして付属している教材がおすすめです。その理由は英語のリスニング力とスピーキング力を向上させることが期待できるからです。ネイティブの音声を何度も繰り返して聞くことでリスニング力が身につきます。また、自分でもその音声を真似して話してみることで、正しい発音が身につき、スピーキング力も上がります。これをリッスン&リピートと言います。まずはCDがついている教材を購入するようにしましょう。

レベルに応じた教材を使おう!

ビジネス英語という言葉を聞くとどうしてもビジネスシーンでのみ使われる英語があるのかと誤解してしまいます。実際にそのような表現もありますが、ほとんどは日常会話の英語です。したがって、無理にビジネス英語と銘打った教材を使う必要はありません。最も大切なことはビジネス英語かそうでないかではなく、自身の英語力に応じた内容なのかということです。英語の文法力や語彙力があまり身についていない場合は、高度に難しい英文が使われている教材を使ってみても効果はありません。むしろ、自分のレベルに合った英語教材を使った方が伸びます。最初は語彙制限が行われていたり、比較的易しい英文を用いたものを使って、徐々にビジネス表現が多く使われている教材に移行していくのが理想的です。

ビジネス英語では、海外との取引などに役立つスキルが身につくため、円滑なコミュニケーションを図りながら業績アップも目指せます。